Ansible:serviceモジュールについて(Ansible 2.9.6)

インフラサーバ

service モジュールについて

service モジュールを使用することで、管理対象機器に対して以下のような操作を実施できます。

  • サービスの start/stop/restart/reload
  • サービスの enable 化/disable 化

◆公式ドキュメント

ansible.builtin.service – Manage services — Ansible Documentation

主なパラメータ

パラメータ必須選択肢/デフォルト説明
nameサービス名を指定
state・reloaded
・restarted
・started
・stopped
サービスの操作内容を指定
enabled・no
・yes
・no ⇒ disabled 状態とする
・yes ⇒ enabled 状態とする

※ state と enabled のどちらか一方は指定する必要があります

使用例

作業環境

  • CentOS 8.0
  • Python 3.7.7
  • Ansible 2.9.6

サービス起動および自動起動設定

firewalld サービスを起動させ、enabled とする例です。

■ Playbook の例

- hosts: all
  become: yes
  tasks:
    - name: Start and enable firewalld
      service:
        name: firewalld
        state: started
        enabled: yes

■ Ansible 実行後の firewalld のステータス確認

# systemctl status firewalld
● firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Fri 2020-04-17 05:40:02 UTC; 33s ago
     Docs: man:firewalld(1)

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました