【BIG-IP】FQDN ノードを使用したバーチャルサーバを検証する

ネットワーク

作業環境

  • BIG-IP Virtual Edition
    • version 15.x.x

FQDN ノードを使用する

バーチャルサーバに紐づけるリアルサーバの IP アドレスが非固定の場合、FQDN(ドメイン名)でノードを設定し、DNS サーバを利用して名前解決するという方法を採ることが可能です。

以下では FQDN ノードを使用したバーチャルサーバの動作確認をしてみます。

検証環境

検証環境の構成は以下の通りです。

※実際には DNS サーバはクライアントと同一マシン上に構築しています

BIG-IP の設定

DNS サーバの設定

BIG-IP での名前解決時の問合せ先となる DNS サーバを設定します。

Main タブの [System > Configuration > Device > DNS] を選択します。

以下画面で、[DNS Lookup Server List] 欄の Address 欄に DNS サーバの IP アドレスを入力し [Add] をクリックします。リストの中に DNS サーバの IP アドレスが追加されたことを確認し、画面一番下の [Update] をクリックします。

CLI で動作確認してみます。

[root@big-ip01:Active:Standalone] config # nslookup CentOS8-HTTPS.test.com
Server:         192.168.75.1
Address:        192.168.75.1#53

Name:   CentOS8-HTTPS.test.com
Address: 192.168.75.134

[root@big-ip01:Active:Standalone] config #

名前解決できることが確認できます。以上で DNS サーバの設定は完了です。

FQDN ノードをメンバとするプールの作成

今回は Web サーバ CentOS8-HTTPS.test.com の 1 ノードをメンバとするプールを作成します。

プールの新規作成画面を開きます。

プール作成画面の [New Members] 欄で FQDN ノードを追加します。New FQDN Node を選択し、[FQDN] 欄に Web サーバの FQDN を入力と Service Port の指定をして Add します。その他の項目も必要に応じて設定して画面下部の [Finished] をクリックします。

作成されたプールの Members を見てみると、以下のように FQDN と IP アドレスのメンバーが表示されていました。

バーチャルサーバへのプールの適用

バーチャルサーバの細かい設定については省略しますが、プールについては Default Pool として上で作成したプールを指定します。

クライアントでの接続確認

クライアントから Web サーバ(バーチャルサーバの IP)にアクセスします。

結果、Web サーバのコンテンツが表示されることを確認できました。


タイトルとURLをコピーしました