【Check Point R80.40】ClusterXL の設定方法

ファイアウォール(UTM)
スポンサーリンク

ClusterXL の設定方法

Load Sharing MulticastLoad Sharing Unicast、および High Availability モードを最初から設定する方法について記載します。

SmartConsole クラスターオブジェクトまたはクラスター作成ウィザードでのモード選択を除けば、これらのモードの設定方法は同様です。

構成イメージ

  • 内部NW 10.10.2.0/24 上の端末は、デフォルトゲートウェイを 10.10.2.100 と設定します
  • 外部NW 192.168.2.0/24 上の端末は、デフォルトゲートウェイを 192.168.2.100 と設定します

Cluster Control Protocol (CCP) 設定

クラスターでは、すべてのクラスターメンバーを同じ方法で設定する必要があります。

R80.40 では、CCP は常にユニキャストモードで動作します。

  • クラスターメンバーでは Cluster Control Protocol(CCP)モードが自動的に設定されます
  • クラスターメンバーで Cluster Control Protocol(CCP)暗号化を設定できます

■CCP 暗号化の設定

#Clish で設定
set cluster member ccpenc {off | on}

#Expert モードで設定
cphaconf ccp_encrypt {off | on}
cphaconf ccp_encrypt_key <Key String>

クラスターオブジェクトとメンバーの設定

次のいずれかの方法でクラスターオブジェクトとそのメンバーを設定できます。

  • Simple Mode (Wizard)
    • 新しいクラスターを素早く作成し、いくつかの基本的なクラスタープロパティを設定できます
      • クラスターのプロパティと仮想 IP アドレス
      • クラスターメンバーのプロパティとトポロジ
      • 同期インターフェースと IP アドレス
  • Classic Mode
    • [Cluster Gateway Properties] 画面を開きます
    • この画面では、クラスターを手動で作成し、そのプロパティを設定します

[Cluster Gateway Properties] 画面では、次のことができます。

  • クラスターのソフトウェアブレードを有効にして設定します
  • Wizard では設定できないクラスタープロパティを設定する
  • 既存のクラスターのプロパティを変更する

SmartConsole で Wizard モードを使用する

以下の 2 つの Wizard が含まれています。

  • Check Point Appliances and Open Servers
  • Check Point Small Office Appliances
    • Check Point 3000 シリーズ以下で使用
Wizard: Check Point Appliances or Open Servers

Cluster Wizard は、すべての Check Point アプライアンス(3000シリーズよりも下のモデルを除く)および Open Server プラットフォームに推奨されます。

■Wizard モードでのクラスター作成手順

  1. SmartConsole で [Objects メニュー > More object types > Network Object > Gateways and Servers > Cluster > New Cluster] をクリック
  2. [Check Point Security Gateway Cluster Creation] 画面で [Wizard Mode] をクリック
  3. [Cluster General Properties] 画面で次の通り設定
    • [Cluster Name] でクラスターオブジェクトの名前を入力
    • [Cluster IPv4 Address] でクラスターVIPv4 を入力
    • [Cluster IPv6 Address] でクラスターVIPv6 を入力 (オプション)
    • [Choose the Cluster’s Solution] で次のいずれかを選択
      • Check Point ClusterXL
        • High Availability
        • Load Sharing
      • Gaia VRRP
  4. [Cluster member’s properties] 画面で、クラスターメンバーごとに次の通り設定
    • ※以下の方法はクラスタメンバーとなるゲートウェイオブジェクトが SmartConsole に未追加の状態から設定する前提となっています。既存のゲートウェイオブジェクトをメンバーに指定することも可能です
    • [Add > New Cluster Member] をクリック
    • [Cluster Name] でクラスタメンバーオブジェクトの名前を入力
    • [Cluster IPv4 Address] でクラスターメンバー VIPv4 を入力
    • [Cluster IPv6 Address] でクラスターメンバー VIPv6 を入力
    • [Activation Key] と [Confirm Activation Key] では、このメンバーの初期設定ウィザードで設定したワンタイムパスワードを入力
    • [Initialize] をクリック
      • 管理サーバーは、クラスターメンバーとの SIC の確立を試みます
      • [Trust State] に Trust established と表示されます
    • [OK] をクリック
  5. [Cluster Topology] 画面で各クラスターインターフェイスのネットワークタイプ(ネットワークロール)を定義し、クラスター仮想 IP アドレスを定義し(Cluster タイプのみ)、[Next] をクリック
    • 各クラスターネットワークのサブネットが自動的に計算され、各クラスターメンバーの該当するインターフェイスに割り当てられます
    • 計算されたサブネットは、画面上部に表示されます
  6. [Cluster Definition Wizard Complete] で [Finish] をクリック

ネットワークロール(network role)には次があります。

  • Representing a cluster interface
    • 通信用インターフェースで VIP を設定する
    • Hello 送信あり
    • 同期情報送信なし
    • インターフェース監視あり
  • Cluster Synchronization
    • コネクション同期用インターフェース
    • Hello 送信あり
    • 同期情報送信あり
    • インターフェース監視あり
  • Private use of each member (don’t monitor members interfaces)
    • Hello/同期情報送信なし、インターフェース監視あり
  • Private use of each member (monitor members interfaces)
    • Hello/同期情報送信なし、インターフェース監視なし

Cluster + Sync タイプにしたい場合は Wizard 設定完了後にクラスターのプロパティで設定します

Wizard が完了したら、クラスターオブジェクトを開いて次の設定をします。

  • 各インターフェイスに Anti-Spoofing プロパティを定義します
  • 必要に応じて、各インターフェイスのトポロジ設定を変更します
  • ネットワークタイプを定義する
  • 必要に応じて、他のソフトウェアブレード、機能、およびプロパティを設定します

SmartConsole で Classic モードを使用する

  1. 左側のナビゲーションパネルで、[Gateways & Servers] をクリック
  2. 次のいずれかの方法で新しい Cluster オブジェクトを作成
    • 上部のツールバーから、New > Cluster > Cluster をクリック
    • 左上隅で、Objects メニュー > More object types > Network Object > Gateways and Servers > Cluster > New Cluster をクリック
    • 右上隅で、Objects ペイン > New > More > Network Object > Gateways and Servers > Cluster > Cluster をクリック
  3. Check Point Security Gateway Creation 画面で Classic Mode をクリック
    • Gateway Cluster Properties 画面が表示される
  4. General Properties ページ > Machine セクション で次の通り設定
    • Name で ClusterXL オブジェクトに設定された名前が表示されていることを確認
    • IPv4 AddressIPv6 Address で、管理サーバの初期設定ウィザードの Management Connection で設定したのと同じアドレスを設定
  5. General Properties ページ > Platform セクション でオプションを選択
    • Hardware でアプライアンス・シリーズを選択
    • Version でバージョンを選択
    • OS で Gaia を選択
  6. General Properties ページで次の通り設定
    • Network Security タブで ClusterXL ソフトウェアブレードが選択されていることを確認
    • [Network Security] タブと [Threat Prevention] タブで、該当する追加のソフトウェアブレードを有効にする
  7. Cluster Members ページで次の通り設定
    • Add > New Cluster Member をクリック
      • Cluster Member Properties 画面が表示される
    • Name でクラスターメンバーオブジェクトの名前を入力
    • このクラスターメンバーオブジェクトのメインの物理 IP アドレスを設定
      • IPv4 AddressIPv6 Address で、クラスターメンバーの初期設定ウィザードの Management Connection で設定したものと同じ IPv4/IPv6 アドレスを設定
    • Communication をクリック
    • One-time passwordConfirm one-time password では、クラスターメンバーの初期設定ウィザードで設定したワンタイムパスワードを入力
    • Initialize をクリック
    • Close をクリック
    • OK をクリック
    • クラスターメンバーの数だけ上記と同様の設定を行う
  8. ClusterXL and VRRP ページで次の通り設定
    • Select the cluster mode and configuration で次のいずれかを選択
      • High Availability > ClusterXL
      • Load Sharing
        • Multicast
        • Unicast
    • Tracking でオプションを選択
    • Advanced Settings で設定
      • High Availability モードの場合
        • [推奨] Use State Synchronization を選択
        • [オプション] Use Virtual MAC を選択
        • クラスターメンバーの復旧メソッドを選択
      • Load Sharing モードの場合: 省略
  9. Network Management ページで次の通り設定
    • 各インターフェースを選択し、Edit をクリック
    • 左側のツリーから General をクリック
    • General > Network Type でネットワークタイプを次から選択
      • Cluster Interface
      • Cluster Sync Interface
      • Private
    • Member IPs で IPv4 とサブネットマスクが正しいことを確認
    • Topology
      • Leads ToSecurity Zone の設定が正しいことを確認
      • Anti-Spoofing が enable であることを確認
  10. OK をクリック
  11. SmartConsole セッションを Publish します

SmartConsole でクラスターオブジェクトの設定を変更する

クラスターオブジェクトの [Cluster Gateway Properties] 画面には、さまざまな ClusterXL プロパティのほか、Security Gateway とソフトウェアブレードの機能に関連するその他のプロパティが含まれています。

一般的なプロパティを設定する

  • クラスターオブジェクトの名前
  • IPv4/IPv6 アドレス
  • ハードウェアプラットフォーム
  • バージョン
  • OS
  • クラスタータイプ
  • ソフトウェアブレード

クラスタートポロジの操作

  • インターフェースのネットワークタイプ
  • Topology
    • Leads To
      • Internet (External) または This Network (Internal)
    • Security Zone
      • User defined または According to topology (ExternalZone または InternalZone)
    • Anti-Spoofing
      • Detect または Prevent
  • QoS
    • Bandwidth
      • Inbound Active
      • Outbound Active
    • DiffServ and Low Latency classes
  • Advanced
    • Multicast Restrictions
    • Interfaces Names

Synchronization Interface の変更

  • Synchronization Interface の IP アドレスの変更
  • Synchronization Interface を別のインターフェースへ変更

クラスター関連確認コマンド

  • show cluster state
  • show cluster members pnotes {all | problem}
  • show cluster members interfaces {all | secured | virtual | vlans}
  • show cluster bond {all | name <bond_name>}
  • show cluster failover [reset {count | history}]
  • show cluster release
  • show cluster statistics sync [reset]
  • show cluster statistics transport [reset]
  • show cluster members interfaces virtual
  • show cluster members igmp
  • show cluster members ips
  • show cluster members idmode
  • show ospf interfaces [detailed]
  • show cluster roles
  • show cluster members ccpenc
  • show cluster members mvc

■Clish コマンド

show cluster
      bond
            all
            name <Name of Bond>
      failover
      members
            ccpenc
            idmode
            igmp
            interfaces
                  all
                  secured
                  virtual
                  vlans
            ips
            mvc
            pnotes
                  all
                  problem
      release
      roles
      state
      statistics
            sync [reset]
            transport [reset]

■Expert モードでのコマンド

cphaprob [-vs <VSID>] state
cphaprob [-reset {-c | -h}] [-l <count>] show_failover
cphaprob names
cphaprob [-reset] [-a] syncstat
cphaprob [-reset] ldstat
cphaprob [-l] [-i[a]] [-e] list
cphaprob [-vs all] [-a] [-m] if
cphaprob latency
cphaprob show_bond [<bond_name>]
cphaprob show_bond_groups
cphaprob igmp
cphaprob fcustat
cphaprob tablestat
cphaprob routedifcs
cphaprob roles
cphaprob release
cphaprob ccp_encrypt
cphaprob [{-d | -f | -s}] corr

参考資料

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました