【Check Point R81】ポリシーのエクスポートとインポートの方法

ファイアウォール(UTM)
スポンサーリンク

はじめに

Check Point 管理サーバにおいて、アクセスコントロールポリシー、NAT、脅威対策ポリシー、HTTP インスペクションの設定をエクスポートしたり、エクスポートしたデータをインポートしたりする方法について記載します。

この記事に記載している方法よりも簡単かつ信頼できる方法を見つけたため、管理サーバのデータ移行はその方法で行ってください。詳しくは以下記事を参照してください。

作業環境

CP81-MNG> ver
Product version Check Point Gaia R81
OS build 392
OS kernel version 3.10.0-957.21.3cpx86_64
OS edition 64-bit

ツールの準備

SmartConsole の標準機能では、ポリシー設定のエクスポートやインポートは実質的にはできません。
※「エクスポート」はできますが CSV 形式の非常に簡素なファイルとしてエクスポートされ、インポートはできません(インポート機能がありません)

その代わり、ExportImportPolicyPackage という Python ベースのツールが GitHub で公開されているため、これを使います。

CheckPointSW/ExportImportPolicyPackage
Check Point ExportImportPolicyPackage tool enables you to export a policy package from a Management database to a .tar.gz file, which can then be imported into ...

ExportImportPolicyPackage が実際に業務で使えるレベルのツールなのかどうかについては調査中です。現在のところ動作仕様があやしい部分が多いです。

また、ExportImportPolicyPackage を使用するためには cp_mgmt_api_python_sdk というライブラリが必要です。これも GitHub で公開されています。

CheckPointSW/cp_mgmt_api_python_sdk
Check Point API Python Development Kit simplifies the use of the Check Point Management APIs. - CheckPointSW/cp_mgmt_api_python_sdk

それぞれ GitHub リポジトリから zip ファイルでダウンロードし、Check Point 管理サーバへ格納します。格納先は管理ユーザのホームディレクトリで良いかと思います。

cp_mgmt_api_python_sdk 内の cpapi ディレクトリは ExportImportPolicyPackage ディレクトリの中に移動させます。

ExportImportPolicyPackage ディレクトリの中身は以下のようになります。

[Expert@CP81-MNG:0]# ls -l ExportImportPolicyPackage-master/
total 92
-rwxrwxrwx 1 admin root 11558 Jun 16 03:07 LICENSE
-rwxrwxrwx 1 admin root  2283 Jun 16 03:07 README.md
-rwxrwxrwx 1 admin root    14 Jun 16 03:07 __init__.py
drwxrwxrwx 2 admin root   122 Jun 17 16:10 cpapi
drwxrwxrwx 2 admin root   282 Jun 17 13:34 exporting
-rwxrwxrwx 1 admin root  2897 Jun 16 03:07 import_export_package.py
drwxrwxrwx 2 admin root    75 Jun 17 13:34 importing
-rwxrwxrwx 1 admin root 24930 Jun 16 03:07 lists_and_dictionaries.py
-rwxrwxrwx 1 admin root 13533 Jun 16 03:07 menu.py
-rwxrwxrwx 1 admin root 23732 Jun 16 03:07 utils.py

Gaia OS デフォルトでは unzip はインストールされていないため、tar で解凍できるように tar で圧縮して転送するのが良いかと思います。

ポリシーのエクスポート

カレントディレクトリを ExportImportPolicyPackage ディレクトリとし、以下のコマンドを実行します。

  • python import_export_package.py
[Expert@CP81-MNG:0]# python import_export_package.py

Welcome to the Policy Package Import/Export Tool.
What would you like to do?
1. Import a package
2. Export a package
99. Exit

2 (Export a package) を押下します。

2
Please enter a Policy Package name to export:

エクスポートするポリシーパッケージ名を聞かれるため、入力します。

Standard
Please select a login method:
1. Enter user credentials manually
2. Login as Root
3. Use an existing session file
4. Use an existing session UID
99. Back

ログイン方法を聞かれるため、2 (Login as Root) を押下します。

2
The script will run with the following parameters:
Export Access-Control layers = True
Export NAT layers = False
Export Threat-Prevention layers = False
Export HTTPS Inspection layers = False
Output-file name = None
Management Server IP = 127.0.0.1
Management Server Port = 443
Management Server Domain = None
1. Change Settings
2. Run
99. Back

パラメータが表示されるため、必要に応じて変更します。

デフォルトではエクスポート対象がアクセスコントロールポリシーのみになっているため、必要に応じて NAT、脅威対策、HTTPS インスペクションについて設定変更します。

1
Please select a setting to change:
1. Disable export of Access-Control Rulebases
2. Enable export of Threat-Prevention Rulebases
3. Enable export of NAT Rulebases
4. Enable export of HTTPS Inspection Rulebases
5. Output file name
6. Change Management Server IP
7. Change Management Server Port
8. Change the domain name
99. Back
2
Exporting of Threat-Prevention layers enabled

The script will run with the following parameters:
Export Access-Control layers = True
Export NAT layers = False
Export Threat-Prevention layers = True
Export HTTPS Inspection layers = False
Output-file name = None
Management Server IP = 127.0.0.1
Management Server Port = 443
Management Server Domain = None
1. Change Settings
2. Run
99. Back
1
Please select a setting to change:
1. Disable export of Access-Control Rulebases
2. Disable export of Threat-Prevention Rulebases
3. Enable export of NAT Rulebases
4. Enable export of HTTPS Inspection Rulebases
5. Output file name
6. Change Management Server IP
7. Change Management Server Port
8. Change the domain name
99. Back
3
Exporting of NAT layers enabled

The script will run with the following parameters:
Export Access-Control layers = True
Export NAT layers = True
Export Threat-Prevention layers = True
Export HTTPS Inspection layers = False
Output-file name = None
Management Server IP = 127.0.0.1
Management Server Port = 443
Management Server Domain = None
1. Change Settings
2. Run
99. Back
1
Please select a setting to change:
1. Disable export of Access-Control Rulebases
2. Disable export of Threat-Prevention Rulebases
3. Disable export of NAT Rulebases
4. Enable export of HTTPS Inspection Rulebases
5. Output file name
6. Change Management Server IP
7. Change Management Server Port
8. Change the domain name
99. Back
4
Exporting of HTTPS Inspection layers enabled

The script will run with the following parameters:
Export Access-Control layers = True
Export NAT layers = True
Export Threat-Prevention layers = True
Export HTTPS Inspection layers = True
Output-file name = None
Management Server IP = 127.0.0.1
Management Server Port = 443
Management Server Domain = None
1. Change Settings
2. Run
99. Back

設定ができたら、2 (Run) を押下し、実行します。

2
You currently do not have a record of this server's fingerprint.
Server's fingerprint: AA1A9243A19BE4485963F7B0692B47DE20DC835E
Do you accept this fingerprint? [y/n] y
Fingerprint saved.
No package named 'Standard' found. Cannot export.

以下のようなログが流れます。

2
You currently do not have a record of this server's fingerprint.
Server's fingerprint: AA1A9243A19BE4485963F7B0692B47DE20DC835E
Do you accept this fingerprint? [y/n] y
Fingerprint saved.

Exporting Access Control layers

Exporting Access Layer [IMPORTED LAYER Network]

Retrieved 2 out of 2 rules (100%)

Processing rules and sections

Exporting access rules from layer [IMPORTED LAYER Network]

Exporting access sections from layer [IMPORTED LAYER Network]

Exporting placeholders for unexportable objects from layer [IMPORTED LAYER Network]

Exporting layer settings of layer [IMPORTED LAYER Network]

Done exporting layer 'IMPORTED LAYER Network'.


Exporting Access Layer [Network]

Retrieved 1 out of 1 rules (100%)

Processing rules and sections

Exporting access rules from layer [Network]

Exporting access sections from layer [Network]

Exporting placeholders for unexportable objects from layer [Network]

Exporting layer settings of layer [Network]

Done exporting layer 'Network'.


Exporting NAT policy

#以下略

エクスポートに成功すると以下のようなパッケージファイルが作成されます。

exported__package__Standard__2021_06_17_16_27.tar.gz

このパッケージファイルをインポートで使用します。

ポリシーのインポート

パッケージをインストールしたい管理サーバの ExportImportPolicyPackage ディレクトリ内にインポートしたいパッケージファイルを格納します。

カレントディレクトリを ExportImportPolicyPackage ディレクトリとし、以下のコマンドを実行します。

  • python import_export_package.py
[Expert@CP81-MNG:0]# python import_export_package.py

Welcome to the Policy Package Import/Export Tool.
What would you like to do?
1. Import a package
2. Export a package
99. Exit

1 (Import a package) を押下します。

インポートしたいファイルのパスを聞かれるため、パスを入力します。

1
Please specify the path to the file you wish to import:
exported__package__Standard__2021_06_17_16_27.tar.gz

ログイン方法を聞かれるため、2 (Login as Root) を押下します。

exported__package__Standard__2021_06_17_16_27.tar.gz
Please select a login method:
1. Enter user credentials manually
2. Login as Root
3. Use an existing session file
4. Use an existing session UID
99. Back

パラメータが表示されるため、問題無ければ 2 (Run) を押下します。

2
The script will run with the following parameters:
Custom name for imported package (optional) = None
Management Server IP = 127.0.0.1
Management Server Port = 443
Management Server Domain = None
1. Change Settings
2. Run
99. Back

同じ名前のパッケージが存在する場合は以下のように確認が出ます。問題無ければ 1 (Yes) を押下します。

2
A package named Standard already exists. Are you sure you want to import?
1.Yes
2.No

以下のようなログが流れます。

1
Importing general objects

Adding https-layers

Imported 1 out of 1 https-layers (100%)

Adding access-layers

Imported 2 out of 2 access-layers (100%)

Adding networks

#中略

Imported 10 out of 10 networks (100%)

Importing Access_Layer [IMPORTED LAYER IMPORTED LAYER 6 Network]

Adding access-rules

Imported 3 out of 3 access-rules (100%)

Importing Access_Layer [IMPORTED LAYER 7 Network]

Adding access-rules

Imported 1 out of 1 access-rules (100%)

Importing Nat_Layer [Standard]

Nothing to import...

Importing Https_Layer [IMPORTED LAYER 5 Default Layer]

Adding https-rules

Imported 1 out of 1 https-rules (100%)

SmartConsole でポリシーがインポートされたことを確認します。

筆者の環境では、エクスポート時に脅威対策ポリシーを対象に含めて作成したパッケージファイルをインポートしようとすると、以下のようなエラーとなり正常にエクスポートできませんでした。

Failed to attach layers to package! Error: message: Validation failed with 1 blocking-error
code: err_validation_failed
blocking-errors:
- message: First Threat Prevention Layer cannot be moved from the policy.
. Import operation aborted.

脅威対策ポリシーを含めずにエクスポートしたパッケージファイルであればエラー無くインポートできました。

NAT レイヤーをインポートする度に、デフォルトで存在する以下のオブジェクトが複製されて増殖していくため注意してください。

  • ネットワーク > CP_default_Office_Mode_addresses_pool

インポートする度に以下のようなレイヤーが増殖していくので注意してください。

  • IMPORTED LAYER XXXX


タイトルとURLをコピーしました