【Check Point R80.40】初期設定ウィザードで Security Management Server として設定する

ネットワーク
スポンサーリンク

はじめに

Check Point の Gaia OS R80.40 について、分散構成を想定して(管理サーバ – ゲートウェイ構成)、初期設定ウィザードで Security Management Server として設定する例を記載します。

初期設定ウィザードの表示

初期設定ウィザードを表示するためには、以下アドレス宛に https アクセスします。

  • https://<管理インターフェースIP>

以下画面が表示されます。

初期設定ウィザードで設定する

初期設定ウィザードのログインユーザは以下の通りです。

  • ユーザ名: admin
  • パスワード: Gaia OS インストール時に設定したパスワード
    • アプライアンス製品の場合は admin

R80.40 First Time Configuration

Next で先に進みます。

Deployment Options

Continue with R80.40 configuration を選択します。

Management Connection

管理インターフェースの IP アドレスとデフォルトゲートウェイを設定します。

Device Information

ホスト名、ドメイン名(任意)、DNS サーバ、プロキシサーバ(任意)を設定します。

DNS サーバは最大 3 つまで設定できます。

Date and Time Settings

時刻設定として、手動設定かまたは NTP を設定できます。

Installation Type

Security Management として設定するため Security Gateway and/or Security Management を選択します。

Product

  • Products
    • Security Management のみチェックを入れます
    • 参考: スタンドアロンとする場合は Security Gateway にもチェックを入れます
  • clustering
    • デフォルトのままとします

Security Management Administrator

Security Management Server の管理ユーザを設定します。Gaia OS の admin を使用することとして Use Gaia administrator: admin を選択します。

Security Management GUI Clients

Security Management の GUI にアクセスできる送信元 IP アドレスを設定します。ここではすべて許可することとして Any IP Address を選択します。

First Time Configuration Wizard Summary

Send data to Check Point のチェックを外します。

Finish クリック後、以下画面が表示されるため Yes をクリックします。

その後インストールが開始されるため完了を待ちます。

インストール完了後は以下の表示となるため OK をクリックします。

Gaia ポータルが表示されたら完了です。

初期設定ウィザードでの設定は以上です。

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました