【Cisco C9000】スタック構築時に取得しておきたいコマンドログとスタックモードに関する注意点

スイッチ
スポンサーリンク

対象環境

  • C9000 シリーズスイッチ
    • version 17.3.x

スタック構成時に取得しておきたいコマンドログ(構築時)

C9000 シリーズスイッチでスタックを構成する場合、構築時の正常性確認としてどのコマンドのログを取得しておいた方が良いかについて記載します。

構築時の正常時ログは現地導入時にトラブルが発生した際に有用な切り分け材料となるため、これを取得、及び保管しておくことは大変重要となります。

コマンドリストは以下の通りです。

  • show switch detail
  • show switch stack-mode
  • show romvar

show switch detail

まずは show switch detail です。これは言われるまでもないコマンドだと思いますが、以下のような情報を確認できます。

  • Role:ロール(Active/Standby/Member)
  • Mac Address:Mac アドレス
  • Priority:プライオリティ
  • State:スイッチ状態
  • Stack Port Status:スタックポート状態

C9000#show switch detail
Switch/Stack Mac Address : aaaa.aaaa.aaaa - Local Mac Address
Mac persistency wait time: Indefinite
                                             H/W   Current
Switch#   Role    Mac Address     Priority Version  State 
-------------------------------------------------------------------------------------
*1       Active   aaaa.aaaa.aaaa     15     V01     Ready                               
 2       Standby  bbbb.bbbb.bbbb     1      V01     Ready                               



         Stack Port Status             Neighbors     
Switch#  Port 1     Port 2           Port 1   Port 2 
--------------------------------------------------------
  1         OK         OK               2        2 
  2         OK         OK               1        1 

show switch stack-mode

2 番目のコマンドは show switch stack-mode です。こちらは使用したことが無い人もいるのではないかと思います。

このコマンドでは以下のような情報を確認できます。

  • Role:ロール(Active/Standby/Member)
  • Mac Address:Mac アドレス
  • Mode:スタックモード(N+1 または 1+1)
  • Configured:設定されたスタックロール(再起動後の状態として期待されるロール)
  • State:スイッチ状態

C9000#show switch stack-mode
Switch#  Role    Mac Address     Version   Mode  Configured  State 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
*1      Active   aaaa.aaaa.aaaa    V01     N+1     None       Ready               
 2      Standby  bbbb.bbbb.bbbb    V01     N+1     None       Ready   

スタックモードについて

意識したことがある人は少ないと思いますが、C9000 シリーズスイッチにおけるスタックには、以下の 2 つのモードがあります。

  1. N+1 モード
    • デフォルトのモード
    • show switch stack-mode コマンドの Mode に N+1 と表示
  2. 1:1 冗長性モード
    • スタック内の特定のスイッチに Active ロールと Standby ロールを割り当てるために使用される
    • switch <スイッチ番号> role <active|standby> コマンドでロールを指定すると自動で 1:1 冗長性モードになる
    • フラッシュの ROMMON 変数に基づいて、スタックマネージャが Active と Standby のロールを決定
    • show switch stack-mode コマンドの Mode に 1+1 と表示

switch <switch#> role コマンドでロールを指定している場合の show switch stack-mode の表示は以下のようになります。

C9000#show switch stack-mode 
Switch#  Role    Mac Address     Version   Mode  Configured  State 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
*1      Active   aaaa.aaaa.aaaa    V01     1+1'    Active'    Ready               
 2      Standby  bbbb.bbbb.bbbb    V01     1+1'    Standby'   Ready

上のように Mode と Configured 欄の値に「’」が付いている場合、手動で設定変更したことを意味します。

スタックモードを N+1 に戻す場合は以下コマンドを実行します。

  • # switch clear stack-mode

show romvar

3 つ目のコマンドは show romvar です。このコマンドでは ROMMON 変数を確認することができます。

1:1 冗長性モードの場合は ROMMON 変数が動作に関係してきます。そのため、ROMMON 変数を確認しておくことは役立つ可能性があります。

C9000#show romvar
----------------------------------
ROMMON variables for Active Switch
----------------------------------
ABNORMAL_RESET_COUNT=0
AUTOBOOT_COUNT=0
AUTOBOOT_STATE=0
#以下略

なお、スタックモードが N+1 の場合でもこのコマンドログを取得しておくことを推奨します。

1:1 冗長性モードにおける注意点

障害時のロール移行について

N+1 モードでは、Active/Standby スイッチ障害時には以下のようにロールが移行します。

  • Active スイッチ障害時は、Standby スイッチが Active に移行し、Member スイッチのプライオリティの高いものが Standby に移行
  • Standby スイッチ障害時は、Member スイッチのプライオリティの高いものが Standby に移行

一方、1:1 冗長性モードでは以下のような動きになります。

  • Active スイッチ障害時は Standby スイッチが Active に移行
  • Member スイッチは、Active または Standby 障害時でも引き続き Member のまま

Member スイッチの起動について

1:1 冗長性モードでは、Active または Standby と設定されたスイッチの両方が存在しない状態(ダウンしている状態)においてその他のスイッチ(Member ロールのスイッチ)を起動させようとすると、そのスイッチは以下のようなログと共に再起動を繰り返し起動できません。

Chassis N reloading, reason - Active/standby selection failed in 1+1 Mode

また、スタックの各スイッチが起動していた状態から Active および Standby の両方がダウンした場合にも Member の再起動が発生します。

Chassis N reloading, reason - lost both active and standby

Active および Standby のスイッチ無しで Member スイッチを起動させたい場合は、Member スイッチにおいて関係する ROMMON 変数を削除する必要があります。

詳しくは以下 PDF を参照してください。

【PDF】Catalyst 9000 Switches booting to switch: prompt due to Stack 1+1 variable

【バグ?】スタックモードが勝手に 1+1 になる?

真偽はまだ不明ですが、N+1 モードだったはずが、再起動後に勝手に 1:1 冗長性モードになったように見える事象を確認しています。

このような事象が発生した場合でも、この記事に記載している内容を把握できていれば慌てることなく対応することができるかと思います。

参考資料

Cisco IOS XE Amsterdam 17.2.x(Catalyst 9200 スイッチ)スタックマネージャおよびハイアベイラビリティ コンフィギュレーション ガイド - 1:1 冗長性の設定 [サポート]
1:1 冗長性の設定
Cisco IOS XE Gibraltar 16.12.x(Catalyst 9200 スイッチ)コマンドリファレンス - スタック マネージャおよびハイ アベイラビリティ コマンド [Cisco Catalyst 9200 シリーズ スイッチ]
Cisco IOS XE Gibraltar 16.12.x(Catalyst 9200 スイッチ)コマンドリファレンス -スタック マネージャおよびハイ アベイラビリティ コマンド

【PDF】Catalyst 9000 Switches booting to switch: prompt due to Stack 1+1 variable

【PDF】1:1 冗長性の設定


タイトルとURLをコピーしました