FortiGate における BGP 設定の基礎(v6.0.9)

ネットワーク

前提

  • FortiGate バージョン:v6.0.9

BGP についての基礎知識

  • IBGP ピアと EBGP ピア
    • BGP の AS 番号が同じ ⇒ IBGP ピアになる
    • BGP の AS 番号が異なる ⇒ EBGP ピアになる
項目IBGPピアEBGPピア
ピア間のAS番号同じ異なる
BGPパケットのTTL2551 (※)
アドバタイズされるルートのAD値20020
BGPループ回避の仕組みBGPスプリットホライズンAS_PATHアトリビュート

(※) Cisco については ebgp-multihopコマンドで TTL を変更することが可能、FortiGate ではネイバー設定の ebgp-enforce-multihop を有効化で対応できそう

  • network コマンドで BGP ルートとしてアドバタイズするネットワークを静的に指定
    • そのルートをルーティングテーブルで学習していること
    • 静的に指定する必要のあるネットワークが無い場合は指定しなくて良い
  • BGP 以外で学習したルートをアドバタイズさせる場合は再配送を設定する

【準備】GUI で BGP 設定画面を表示させる

FortiGate の GUI ではデフォルトで BGP の設定画面が表示されない設定となっているため表示させるよう設定します。

以下の画像のように [システム]→[表示機能設定] と選択後、[高度なルーティング] を有効化した上で [適用] をクリックして設定を確定します。

その後 [ネットワーク] を選択してメニューの中に [BGP] が追加されたことを確認します。

GUI で設定できる項目は限られているため、詳細な設定が必要な場合は CLI で設定してください。

FortiGate の BGP 設定例

作業環境

■ FortiGate

  • 型番:FortiGate 60E
  • バージョン:v6.0.9

■ルータ

  • Cisco C891FJ-K9
  • バージョン:15.3(3)M5

以下のネットワーク構成で FortiGate とルータを IBGP ピアとして、端末のセグメントをお互いにアドバタイズさせる設定をしてみます。

設定内容

  • FortiGate 側の設定
    • AS 番号:1
    • ネイバー
      • IP:10.10.2.2
      • AS番号:1
    • network:10.10.1.0/255.255.255.0
  • ルータ側の設定
    • AS 番号:1
    • ネイバー
      • IP:10.10.2.1
      • AS番号:1
    • network:10.10.3.0/255.255.255.0
  • ルータの BGP コンフィグ
router bgp 1
 bgp log-neighbor-changes
 network 10.10.3.0 mask 255.255.255.0
 neighbor 10.10.2.1 remote-as 1

FortiGate 設定手順

[ネットワーク]→[BGP] と選択し BGP 設定画面を表示させます。

[ローカルAS] 欄には FortiGate 側の AS 番号を入力します。[ルータID] 欄はここでは空にしておきます。その後、[ネイバー] 欄の [新規作成] をクリックします。

画面右側に [ネイバーの追加] 欄が表示されるため、ネイバーの IP と AS 番号を入力し [OK] をクリックします。

続いて [ネットワーク] 欄の [IP/ネットマスク] 欄にアドバタイズするネットワークを入力します。

[高度な設定] についてはここではデフォルトのままとしておきます。
ここまで設定できたら画面下部の [適用] をクリックします。

その後 BGP 設定画面をリロードして設定ができていることを確認します。

CLI での設定確認

コンフィグでは config router bgp が BGP 設定に該当します。

FGT # show router bgp
config router bgp
    set as 1
    config neighbor
        edit "10.10.2.2"
            set remote-as 1
        next
    end
    config network
        edit 1
            set prefix 10.10.1.0 255.255.255.0
        next
    end
    config redistribute "connected"
    end
    config redistribute "rip"
    end
    config redistribute "ospf"
    end
    config redistribute "static"
    end
    config redistribute "isis"
    end
    config redistribute6 "connected"
    end
    config redistribute6 "rip"
    end
    config redistribute6 "ospf"
    end
    config redistribute6 "static"
    end
    config redistribute6 "isis"
    end
end

設定後の状態確認

FortiGate 側の確認

■ BGP サマリ確認

FGT # get router info bgp summary
BGP router identifier 10.10.2.1, local AS number 1
BGP table version is 2
1 BGP AS-PATH entries
0 BGP community entries

Neighbor        V         AS MsgRcvd MsgSent   TblVer  InQ OutQ Up/Down  State/PfxRcd
10.10.2.2       4          1      34      35        1    0    0 00:28:41        1

Total number of neighbors 1

■ BGP テーブル確認

FGT # get router info bgp network
BGP table version is 2, local router ID is 10.10.2.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal,
              S Stale
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop            Metric LocPrf Weight RouteTag Path
*> 10.10.1.0/24     0.0.0.0                       100  32768        0 i
*>i10.10.3.0/24     10.10.2.2                0    100      0        0 i

Total number of prefixes 2

■ ルーティングテーブル確認

FGT # get router info routing-table bgp

Routing table for VRF=0
B       10.10.3.0/24 [200/0] via 10.10.2.2, wan1, 00:00:11

ルータ側の確認

■ BGP サマリ確認

RT#show ip bgp summary
BGP router identifier 10.10.3.254, local AS number 1
BGP table version is 3, main routing table version 3
2 network entries using 288 bytes of memory
2 path entries using 160 bytes of memory
2/2 BGP path/bestpath attribute entries using 288 bytes of memory
0 BGP route-map cache entries using 0 bytes of memory
0 BGP filter-list cache entries using 0 bytes of memory
BGP using 736 total bytes of memory
BGP activity 2/0 prefixes, 2/0 paths, scan interval 60 secs

Neighbor        V           AS MsgRcvd MsgSent   TblVer  InQ OutQ Up/Down  State/PfxRcd
10.10.2.1       4            1      27      27        3    0    0 00:21:53        1

■ BGP テーブル確認

RT#show ip bgp
BGP table version is 3, local router ID is 10.10.3.254
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal,
              r RIB-failure, S Stale, m multipath, b backup-path, f RT-Filter,
              x best-external, a additional-path, c RIB-compressed,
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete
RPKI validation codes: V valid, I invalid, N Not found

     Network          Next Hop            Metric LocPrf Weight Path
 *>i 10.10.1.0/24     10.10.2.1                     100      0 i
 *>  10.10.3.0/24     0.0.0.0                  0         32768 i

■ ルーティングテーブル確認

RT#show ip route
Codes: L - local, C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
       D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
       i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
       ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
       o - ODR, P - periodic downloaded static route, H - NHRP, l - LISP
       a - application route
       + - replicated route, % - next hop override

Gateway of last resort is not set

      10.0.0.0/8 is variably subnetted, 5 subnets, 3 masks
B        10.10.1.0/24 [200/0] via 10.10.2.1, 00:03:01
C        10.10.2.0/30 is directly connected, GigabitEthernet8
L        10.10.2.2/32 is directly connected, GigabitEthernet8
C        10.10.3.0/24 is directly connected, Vlan103
L        10.10.3.254/32 is directly connected, Vlan103

BGP 設定の削除について

BGP 設定の削除については GUI では実施できないため(AS番号設定について「必須フィールドです。」と言われる)、コンフィグの config router bgp にて unset as を実行してください。

参考ページ

BGP - コンフィグ設定
BGP - コンフィグ設定
BGP - IBGPピアとEBGPピアの違い
BGP - IBGPピアとEBGPピアの違い

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました