【FortiGate】リンクアグリゲーションの設定方法

ネットワーク

はじめに

FortiGate では以下モードのリンクアグリゲーションを設定することができます。

  • static
  • active(LACP)(デフォルト)
  • passive(LACP)

以下ではリンクアグリゲーションの設定方法について記載します。

作業環境

  • FortiGate
    • 型番: FortiGate 60E
    • バージョン: 6.4.5
  • 対向機器
    • Cisco C2960-8TC-L

検証構成

アグリゲートインターフェースを tag Vlan とする場合

この場合はアグリゲートインターフェースに対して Vlan インターフェースを紐づけて、Vlan インターフェースに対して IP アドレスを設定します。また通す Vlan ID の数だけ Vlan インターフェースを作成します。

FortiGate では Vlan インターフェースを使用する場合はタグ Vlan となるため、対向機器側のポートは trunk ポート(タグ Vlan)と設定します。

アグリゲートインターフェースを untag Vlan とする場合

この場合はアグリゲートインターフェースに対して直接 IP アドレスを設定し、Vlan インターフェースは作成しません。

tag Vlan と untag Vlan の併用も可能です。

リンクアグリゲーションの設定方法

アグリゲートインターフェースを tag Vlan とする場合の設定例を記載します。

設定は GUI、CLI のどちらでも可能ですが、GUI ではリンクアグリゲーションモードの設定ができません。(デフォルトで active モードとなります。)以下では CLI で設定する例を記載します。

アグリゲートインターフェースの作成

リンクアグリゲーションの設定をするためには、インターフェース設定でタイプが aggregate のインターフェースを作成します。

ここでは例として以下の通り設定します。

  • インターフェース名: LAG01
  • VDOM: root
    • CLI で設定時は VDOM の指定は必須
  • インターフェースタイプ: aggregate
  • メンバーポート: internal6、internal7
  • インターフェースロール: LAN
  • リンクアグリゲーションモード: active (LACP)
    • デフォルトで active です

この場合の設定コマンドは以下の通りです。

config system interface
    edit "LAG01"
        set vdom "root"
        set type aggregate
        set member "internal6" "internal7"
        set role lan
        set lacp-mode active
    next
end

リンクアグリゲーションモードは以下のいずれかを指定します。

FG60E (LAG01) # set lacp-mode
static     Use static aggregation, do not send and ignore any LACP messages.
passive    Passively use LACP to negotiate 802.3ad aggregation.
active     Actively use LACP to negotiate 802.3ad aggregation.

設定後のコンフィグは以下の通りです。

config system interface
    edit "LAG01"
        set vdom "root"
        set type aggregate
        set member "internal6" "internal7"
        set device-identification enable
        set lldp-transmission enable
        set role lan
        set snmp-index 10
    next
end

device-identification(デバイス検知)有効、および lldp-transmission(LLDP送信)有効はデフォルトで設定されるため、必要に応じて無効にします。

Vlan インターフェースの作成

ここでは例としてアグリゲートインターフェースに対して Vlan インターフェースを紐づけて、紐づけた Vlan ID について通信できるよう設定します。

例として以下の通り設定します。

  • インターフェース名: Vlan25
  • VDOM: root
  • IP アドレス: 10.1.25.254 255.255.255.0
  • 管理アクセス許可: ping のみ
  • インターフェースロール: LAN
  • 紐づけるインターフェース: LAG01
  • Vlan ID: 25

この場合の設定コマンドは以下の通りです。

config system interface
    edit "Vlan25"
        set vdom "root"
        set ip 10.1.25.254 255.255.255.0
        set allowaccess ping
        set role lan
        set interface "LAG01"
        set vlanid 25
    next
end

設定後のコンフィグは以下の通りです。

config system interface
    edit "Vlan25"
        set vdom "root"
        set ip 10.1.25.254 255.255.255.0
        set allowaccess ping
        set device-identification enable
        set role lan
        set snmp-index 11
        set interface "LAG01"
        set vlanid 25
    next
end

device-identification(デバイス検知)有効はデフォルトで設定されるため、必要に応じて無効にします。

以上で設定は完了ですが、アグリゲートインターフェースで複数の Vlan ID を通信させる場合は Vlan ID の数だけ Vlan インターフェースを作成します。

GUI で設定する場合

GUI で設定する場合は [ネットワーク] > [インターフェース] 画面の [新規作成] > [インターフェース] から実施します。

アグリゲートインターフェースを作成するためには [タイプ] を [802.3ad アグリゲート] と指定します。

リンクアグリゲーションモードの設定は GUI ではできません。CLI でのみ設定可能です。

Vlan インターフェースを作成するためには [タイプ] を [VLAN] と指定します。

リンクアグリゲーション確認コマンド

  • diagnose netlink aggregate name <アグリゲートインターフェース名>
FG60E # diagnose netlink aggregate name LAG01
LACP flags: (A|P)(S|F)(A|I)(I|O)(E|D)(E|D)
(A|P) - LACP mode is Active or Passive
(S|F) - LACP speed is Slow or Fast
(A|I) - Aggregatable or Individual
(I|O) - Port In sync or Out of sync
(E|D) - Frame collection is Enabled or Disabled
(E|D) - Frame distribution is Enabled or Disabled

status: up
npu: y
flush: n
asic helper: y
oid: 73
ports: 2
link-up-delay: 50ms
min-links: 1
ha: master
distribution algorithm: L4
LACP mode: active
LACP speed: slow
LACP HA: enable
aggregator ID: 1
actor key: 9
actor MAC address: 04:d5:90:07:f6:06
partner key: 1
partner MAC address: 00:22:0c:be:7a:80

slave: internal6
  index: 0
  link status: up
  link failure count: 0
  permanent MAC addr: 04:d5:90:07:f6:06
  LACP state: established
  actor state: ASAIEE
  actor port number/key/priority: 1 9 255
  partner state: ASAIEE
  partner port number/key/priority: 5 1 32768
  partner system: 2 00:22:0c:be:7a:80
  aggregator ID: 1
  speed/duplex: 100 1
  RX state: CURRENT 6
  MUX state: COLLECTING_DISTRIBUTING 4

slave: internal7
  index: 1
  link status: up
  link failure count: 0
  permanent MAC addr: 04:d5:90:07:f6:07
  LACP state: established
  actor state: ASAIEE
  actor port number/key/priority: 2 9 255
  partner state: ASAIEE
  partner port number/key/priority: 6 1 32768
  partner system: 2 00:22:0c:be:7a:80
  aggregator ID: 1
  speed/duplex: 100 1
  RX state: CURRENT 6
  MUX state: COLLECTING_DISTRIBUTING 4

参考資料

Technical Tip: Initial troubleshooting steps for LACP (Link Aggregation - 802.3ad)

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました