FortiGate における主要な OSPF 設定まとめ(v6.0.9)

ファイアウォール(UTM)

作業環境

  • 型番:FortiGate 60E
  • ファームウェアバージョン:v6.0.9

OSPF コンフィグについて

コンフィグ構造

config router ospf
    #OSPF グローバル設定--------------
    set ...
    #------------------------------

    #エリア設定-------------------
    config area
        edit x.x.x.x
        next
    end
    #------------------------------

    #インターフェース設定----------------
    config ospf-interface
        edit "xxxx"
            set ...
        next
    end
    #------------------------------

    #ネットワーク設定----------------
    config network
        edit 1
            set prefix x.x.x.x x.x.x.x
        next
    end
    #------------------------------

    #再配送設定---------------------
    config redistribute "connected"
        set ...
    end
    config redistribute "static"
    end
    config redistribute "rip"
    end
    config redistribute "bgp"
    end
    config redistribute "isis"
    end
    #------------------------------

    #オプションの config 設定--------
    #------------------------------
end

#config のオプション
FGT (ospf) # config
area               OSPF area configuration.
ospf-interface     OSPF interface configuration.
network            OSPF network configuration.
neighbor           OSPF neighbor configuration are used when OSPF runs on non-broadcast media
summary-address    IP address summary configuration.
distribute-list    Distribute list configuration.
redistribute       Redistribute configuration.

ルータ ID の設定

ルータ ID はグローバルで設定。

#ルータ ID を 1.2.3.4 に設定する場合
config router ospf
    set router-id 1.2.3.4
end

#ヘルプ
*router-id                            Router ID.

プライオリティの設定

プライオリティは config ospf-interface で実施。

#wan1 のプライオリティを 10 に設定する場合
config router ospf
    config ospf-interface
        edit "wan1"
            set priority 10
        next
    end
end

#ヘルプ
priority               Priority.

passive-interface の設定

ルーティングアップデートや Hello パケットの送信を止める passive-interface の設定はグローバルで設定。

#wan2 を passive-interface に設定する場合
config router ospf
    set passive-interface "wan2"
end

#ヘルプ
passive-interface                    Passive interface configuration.

等コストパスの最大数の設定

当コストパスの最大数の設定は OSPF の設定でなく config system setting で実施。

#当コストパスの最大数を 10 に設定する場合
config system settings
    set ecmp-max-paths 10
end

#ヘルプ
ecmp-max-paths                    Maximum number of Equal Cost Multi-Path (ECMP) next-hops. Set to 1 to disable ECMP
ecmp-max-paths    Enter an integer value from <1> to <255> (default = <255>).

エリアタイプの設定

エリアタイプの設定は config area で設定。

#エリア 0.0.0.1 のタイプを stub に設定する場合
config router ospf
    config area
        edit 0.0.0.1
            set type stub
        next
    end
end

#ヘルプ
type              Area type setting.
# set type
regular    Regular.
nssa       NSSA.
stub       Stub.

スタブタイプの設定

#エリア 0.0.0.1 の stub タイプを summary に設定する場合
config router ospf
    config area
        edit 0.0.0.1
            set stub-type summary
        next
    end
end

#ヘルプ
stub-type         Stub summary setting.
# set stub-type
no-summary    No summary.
summary       Summary.

デフォルトルートのコストの設定

■ スタブまたは NSSA エリアにアドバタイズするデフォルトルートのコストの設定

#エリア 0.0.0.1 に配布するデフォルトルートのコストを 10 に設定する場合
config router ospf
    config area
        edit 0.0.0.1
            set default-cost 10
        next
    end
end

#ヘルプ
default-cost      Summary default cost of stub or NSSA area.
default-cost    Enter an integer value from <0> to <4294967295> (default = <10>).

NSSA エリアに関する設定

■ デフォルトルート配布(LSAタイプ7)の設定

#デフォルトルート配布の有効化、メトリック 10、メトリックタイプ 2 と設定する場合
config router ospf
    config area
        edit 0.0.0.1
            set nssa-default-information-originate enable
            set nssa-default-information-originate-metric 10
            set nssa-default-information-originate-metric-type 2
        next
    end
end

#ヘルプ
nssa-default-information-originate                Redistribute, advertise, or do not originate Type-7 default route into NSSA area.
nssa-default-information-originate-metric         OSPF default metric.
nssa-default-information-originate-metric-type    OSPF metric type for default routes.
# set nssa-default-information-originate
enable     Redistribute Type-7 default route from routing table.
always     Advertise a self-originated Type-7 default route.
disable    Do not advertise Type-7 default route.

nssa-default-information-originate always とするとルーティングテーブルにデフォルトルートが存在しなくても自身をデフォルトルートとして配布。

ネットワークタイプの設定

ネットワークタイプの設定は config ospf-interface で実施。

#wan1 のネットワークタイプを broadcast に設定する場合
config router ospf
    config ospf-interface
        edit "wan1"
            set network-type broadcast
        next
    end
end

#ヘルプ
network-type           Network type.
# set network-type
broadcast                            Broadcast.
non-broadcast                        Non-broadcast.
point-to-point                       Point-to-point.
point-to-multipoint                  Point-to-multipoint.
point-to-multipoint-non-broadcast    Point-to-multipoint and non-broadcast.

Helloインターバル、Deadインターバルの値

Helloインターバル、Deadインターバルの値は config ospf-interface で実施。

#wan1 のHelloインターバルを 10、Deadインターバルを 40 に設定する場合
config router ospf
    config ospf-interface
        edit "wan1"
             set dead-interval 40
             set hello-interval 10
        next
    end
end

#ヘルプ
dead-interval          Dead interval.
dead-interval    Enter an integer value from <0> to <65535>.
hello-interval         Hello interval.
hello-interval    Enter an integer value from <0> to <65535>.

※Dead インターバルは Hello インターバルの 4 倍にする
※Dead インターバルと Hello インターバルはネイバーと一致させる

経路集約の設定

設定対象ルータタイプABRASBR
設定箇所config area > edit > config rangeconfig summary-address
集約対象ルートエリア間のルートOSPF 外のルート
対象 LSALSAタイプ 3LSAタイプ 5

ABR での経路集約

ABR での経路集約は config area の中の config range で設定。

#エリア 0.0.0.2 の経路を 10.100.0.0 255.255.240.0 に集約する場合
config router ospf
    config area
        edit 0.0.0.2
            config range
                edit 1
                    set prefix 10.100.0.0 255.255.240.0
                next
            end
        next
    end
end

ASBR での経路集約

ASBR での経路集約は config summary-address で設定。

#外部の経路を 10.100.0.0 255.255.240.0 に集約する場合
config router ospf
    config summary-address
        edit 1
            set prefix 10.100.0.0 255.255.240.0
        next
    end
end

デフォルトルート配布の設定

デフォルトルート配布の設定はグローバルで実施。

#デフォルトルート配布の有効化、メトリック 10、メトリックタイプ 2 と設定する場合
config router ospf
    set default-information-originate enable
    set default-information-metric 10
    set default-information-metric-type 2
end

#ヘルプ
default-information-originate        Enable/disable generation of default route.
default-information-metric           Default information metric.
default-information-metric-type      Default information metric type.
# set default-information-originate
enable     Enable setting.
always     Always advertise the default router.
disable    Disable setting.

default-information-originate always とするとルーティングテーブルにデフォルトルートが存在しなくても自身をデフォルトルートとして配布。

MD5 認証の設定

インターフェースでの認証

#wan1 について md5 認証を有効化、md5 キーを 1、パスワードを password と設定する場合
config router ospf
    config ospf-interface
        edit "wan1"
            set authentication md5
            set md5-key 1 password
        next
    end
end

#ヘルプ
authentication         Authentication type.
md5-key                MD5 key.
# set authentication
none    None.
text    Text.
md5     MD5.

エリアでの認証

config area > edit > set authentication md5 で md5 認証の有効化設定が可能だが、結局上の config ospf-interface の中でも md5 認証の有効化をしないとパスワードの設定ができなそう。このことから config ospf-interface の中で認証設定をすることが正解?

参考ページ

OSPFをはじめから
OSPFをはじめから
OSPFの技術解説
OSPFの技術解説。
https://kb.fortinet.com/kb/viewContent.do?externalId=100137
Advanced inter-area OSPF example
Technical Note : OSPF route summarization for LSAs Type3 (on ABR) and Type5 (on ASBR)
Purpose This article provides an example of how to configure OSPF route summarization for Type3 (on ABR) and Type5 (on ASBR) LSAs.   See the related articles f...
Technical Tip: How to configure OSPF MD5 authentication
Description This article describes how to configure OSPF MD5 authentication for OSPF-interfaces. Related link: Solution FortiOS v6.0 and below. 1) Use the fo...

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました