FortiGate における主要な OSPF 設定まとめ(v6.0.9)

ネットワーク

作業環境

  • 型番:FortiGate 60E
  • ファームウェアバージョン:v6.0.9

OSPF コンフィグについて

コンフィグ構造

config router ospf
    #OSPF グローバル設定--------------
    set ...
    #------------------------------

    #エリア設定-------------------
    config area
        edit x.x.x.x
        next
    end
    #------------------------------

    #インターフェース設定----------------
    config ospf-interface
        edit "xxxx"
            set ...
        next
    end
    #------------------------------

    #ネットワーク設定----------------
    config network
        edit 1
            set prefix x.x.x.x x.x.x.x
        next
    end
    #------------------------------

    #再配送設定---------------------
    config redistribute "connected"
        set ...
    end
    config redistribute "static"
    end
    config redistribute "rip"
    end
    config redistribute "bgp"
    end
    config redistribute "isis"
    end
    #------------------------------

    #オプションの config 設定--------
    #------------------------------
end

#config のオプション
FGT (ospf) # config
area               OSPF area configuration.
ospf-interface     OSPF interface configuration.
network            OSPF network configuration.
neighbor           OSPF neighbor configuration are used when OSPF runs on non-broadcast media
summary-address    IP address summary configuration.
distribute-list    Distribute list configuration.
redistribute       Redistribute configuration.

ルータ ID の設定

ルータ ID はグローバルで設定。

#ルータ ID を 1.2.3.4 に設定する場合
config router ospf
    set router-id 1.2.3.4
end

#ヘルプ
*router-id                            Router ID.

プライオリティの設定

プライオリティは config ospf-interface で実施。

#wan1 のプライオリティを 10 に設定する場合
config router ospf
    config ospf-interface
        edit "wan1"
            set priority 10
        next
    end
end

#ヘルプ
priority               Priority.

passive-interface の設定

ルーティングアップデートや Hello パケットの送信を止める passive-interface の設定はグローバルで設定。

#wan2 を passive-interface に設定する場合
config router ospf
    set passive-interface "wan2"
end

#ヘルプ
passive-interface                    Passive interface configuration.

等コストパスの最大数の設定

当コストパスの最大数の設定は OSPF の設定でなく config system setting で実施。

#当コストパスの最大数を 10 に設定する場合
config system settings
    set ecmp-max-paths 10
end

#ヘルプ
ecmp-max-paths                    Maximum number of Equal Cost Multi-Path (ECMP) next-hops. Set to 1 to disable ECMP
ecmp-max-paths    Enter an integer value from <1> to <255> (default = <255>).

エリアタイプの設定

エリアタイプの設定は config area で設定。

#エリア 0.0.0.1 のタイプを stub に設定する場合
config router ospf
    config area
        edit 0.0.0.1
            set type stub
        next
    end
end

#ヘルプ
type              Area type setting.
# set type
regular    Regular.
nssa       NSSA.
stub       Stub.

スタブタイプの設定

#エリア 0.0.0.1 の stub タイプを summary に設定する場合
config router ospf
    config area
        edit 0.0.0.1
            set stub-type summary
        next
    end
end

#ヘルプ
stub-type         Stub summary setting.
# set stub-type
no-summary    No summary.
summary       Summary.

デフォルトルートのコストの設定

■ スタブまたは NSSA エリアにアドバタイズするデフォルトルートのコストの設定

#エリア 0.0.0.1 に配布するデフォルトルートのコストを 10 に設定する場合
config router ospf
    config area
        edit 0.0.0.1
            set default-cost 10
        next
    end
end

#ヘルプ
default-cost      Summary default cost of stub or NSSA area.
default-cost    Enter an integer value from <0> to <4294967295> (default = <10>).

NSSA エリアに関する設定

■ デフォルトルート配布(LSAタイプ7)の設定

#デフォルトルート配布の有効化、メトリック 10、メトリックタイプ 2 と設定する場合
config router ospf
    config area
        edit 0.0.0.1
            set nssa-default-information-originate enable
            set nssa-default-information-originate-metric 10
            set nssa-default-information-originate-metric-type 2
        next
    end
end

#ヘルプ
nssa-default-information-originate                Redistribute, advertise, or do not originate Type-7 default route into NSSA area.
nssa-default-information-originate-metric         OSPF default metric.
nssa-default-information-originate-metric-type    OSPF metric type for default routes.
# set nssa-default-information-originate
enable     Redistribute Type-7 default route from routing table.
always     Advertise a self-originated Type-7 default route.
disable    Do not advertise Type-7 default route.

nssa-default-information-originate always とするとルーティングテーブルにデフォルトルートが存在しなくても自身をデフォルトルートとして配布。

ネットワークタイプの設定

ネットワークタイプの設定は config ospf-interface で実施。

#wan1 のネットワークタイプを broadcast に設定する場合
config router ospf
    config ospf-interface
        edit "wan1"
            set network-type broadcast
        next
    end
end

#ヘルプ
network-type           Network type.
# set network-type
broadcast                            Broadcast.
non-broadcast                        Non-broadcast.
point-to-point                       Point-to-point.
point-to-multipoint                  Point-to-multipoint.
point-to-multipoint-non-broadcast    Point-to-multipoint and non-broadcast.

Helloインターバル、Deadインターバルの値

Helloインターバル、Deadインターバルの値は config ospf-interface で実施。

#wan1 のHelloインターバルを 10、Deadインターバルを 40 に設定する場合
config router ospf
    config ospf-interface
        edit "wan1"
             set dead-interval 40
             set hello-interval 10
        next
    end
end

#ヘルプ
dead-interval          Dead interval.
dead-interval    Enter an integer value from <0> to <65535>.
hello-interval         Hello interval.
hello-interval    Enter an integer value from <0> to <65535>.

※Dead インターバルは Hello インターバルの 4 倍にする
※Dead インターバルと Hello インターバルはネイバーと一致させる

経路集約の設定

設定対象ルータタイプABRASBR
設定箇所config area > edit > config rangeconfig summary-address
集約対象ルートエリア間のルートOSPF 外のルート
対象 LSALSAタイプ 3LSAタイプ 5

ABR での経路集約

ABR での経路集約は config area の中の config range で設定。

#エリア 0.0.0.2 の経路を 10.100.0.0 255.255.240.0 に集約する場合
config router ospf
    config area
        edit 0.0.0.2
            config range
                edit 1
                    set prefix 10.100.0.0 255.255.240.0
                next
            end
        next
    end
end

ASBR での経路集約

ASBR での経路集約は config summary-address で設定。

#外部の経路を 10.100.0.0 255.255.240.0 に集約する場合
config router ospf
    config summary-address
        edit 1
            set prefix 10.100.0.0 255.255.240.0
        next
    end
end

デフォルトルート配布の設定

デフォルトルート配布の設定はグローバルで実施。

#デフォルトルート配布の有効化、メトリック 10、メトリックタイプ 2 と設定する場合
config router ospf
    set default-information-originate enable
    set default-information-metric 10
    set default-information-metric-type 2
end

#ヘルプ
default-information-originate        Enable/disable generation of default route.
default-information-metric           Default information metric.
default-information-metric-type      Default information metric type.
# set default-information-originate
enable     Enable setting.
always     Always advertise the default router.
disable    Disable setting.

default-information-originate always とするとルーティングテーブルにデフォルトルートが存在しなくても自身をデフォルトルートとして配布。

MD5 認証の設定

インターフェースでの認証

#wan1 について md5 認証を有効化、md5 キーを 1、パスワードを password と設定する場合
config router ospf
    config ospf-interface
        edit "wan1"
            set authentication md5
            set md5-key 1 password
        next
    end
end

#ヘルプ
authentication         Authentication type.
md5-key                MD5 key.
# set authentication
none    None.
text    Text.
md5     MD5.

エリアでの認証

config area > edit > set authentication md5 で md5 認証の有効化設定が可能だが、結局上の config ospf-interface の中でも md5 認証の有効化をしないとパスワードの設定ができなそう。このことから config ospf-interface の中で認証設定をすることが正解?

参考ページ

OSPFをはじめから
OSPFをはじめから
OSPFの技術解説
OSPFの技術解説。
Technical Note: Configuring link redundancy - Traffic load-balancing / load-sharing - ECMP (Equal Cost Multiple Path) - Dual Internet or WAN scenario
Advanced inter-area OSPF example
Fortinet Knowledge Base - View Document
Fortinet Knowledge Base - View Document

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました