【FortiGate】VDOM の追加/削除方法【マルチ VDOM】

ネットワーク

はじめに

FortiGate においてマルチ VDOM を構成している場合に新規 VDOM を作成する方法、および既存 VDOM を削除する方法について記載します。

マルチ VDOM 構成の設定方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

作業環境

  • 型番: FortiGate 60E
  • バージョン: 6.4.5

VDOM の作成方法

GUI で設定する場合

グローバルの管理者ユーザ(デフォルトでは admin)で GUI にログインします。

[システム > VDOM] 画面を開き [新規作成] をクリックします。

新規バーチャルドメイン画面が表示されるため、各項目を設定して [OK] をクリックします。

VDOM が作成されたことを確認します。

CLI で設定する場合

グローバルの管理者ユーザ(デフォルトでは admin)で CLI にログインします。

config vdom コマンドを実行し VDOM 階層に移動します。

FGT60E # config vdom

FGT60E (vdom) #

edit <作成VDOM名> コマンドを実行します。すると VDOM が作成されると同時に、作成した VDOM の階層に移動します。

FGT60E (vdom) # edit testVDOM
current vf=testVDOM:4

FGT60E (testVDOM) #

VDOM の削除方法

VDOM を削除するための条件

まず、root VDOM は削除できません。

そして VDOM を削除するためには対象 VDOM が以下を満たしている必要があります。

  • 物理インターフェースが一つも存在しない
  • VDOM リンクが一つも存在しない

そのため対象 VDOM に物理インターフェースや VDOM リンクが紐づけられている場合は、全て別の VDOM に登録しなおすか、または削除する必要があります。

ただし、対象インターフェースがポリシーやスタティックルートなどで参照されている場合は、先に参照元の設定を削除する必要があるなど、手間のかかる作業になる場合があります。

[システム > VDOM] 画面の参照欄の数字をクリックすると、その VDOM に紐づいているインターフェースを確認することができます。

以下のようにインターフェース一覧が表示されます。

GUI で設定する場合

グローバルの管理者ユーザ(デフォルトでは admin)で GUI にログインします。

[システム > VDOM] 画面を開き、削除対象の VDOM をクリックして選択した状態にして [削除] をクリックします。

以下の確認画面が表示されるため [OK] をクリックします。

対象の VDOM が削除されたことを確認します。

CLI で設定する場合

グローバルの管理者ユーザ(デフォルトでは admin)で CLI にログインします。

config vdom コマンドを実行し VDOM 階層に移動します。

FGT60E # config vdom

FGT60E (vdom) #

delete <削除対象VDOM名> コマンドを実行します。

FGT60E (vdom) # delete testVDOM

FGT60E (vdom) #

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました