【Huawei AR ルータ】時刻設定と NTP サーバとの同期の設定

ルータ

検証環境

  • NetEngine AR651W
    • Version: V300R022C00SPC100

タイムゾーンの設定

タイムゾーンの設定は特殊で、ユーザービューで設定します。

タイムゾーンの設定
  • clock timezone <タイムゾーン名> {add|minus} HH:MM:SS
    • このコマンドはユーザービューで実行
    • <タイムゾーン名> は任意の文字列を指定 (1-32文字)

設定例:日本時間に設定する場合

<Huawei>clock timezone JST add 09:00:00

このコマンドはユーザービューで実行しますが、コンフィグにはしっかり設定内容が表示されます。

#
 clock timezone JST add 09:00:00
#

システム時刻の手動設定

システム時刻の手動設定はユーザービューで以下コマンドにて行います。

タイムゾーンの設定
  • clock datetime HH:MM:SS YYYY-MM-DD
    • このコマンドはユーザービューで実行

設定例:

<Huawei>clock datetime 18:34:00 2023-07-27

時刻の表示コマンド

  • display clock
<Huawei>display clock
2023-07-27 18:35:03
Thursday
Time Zone(JST) : UTC+09:00

NTP サーバとの時刻同期設定

◆NTP 機能の有効化

NTP クライアントを利用するためには以下コマンドで NTP 機能の有効化をしておく必要があります。

NTP 機能の有効化
  • ntp-service enable

なお、デフォルトで NTP 機能は有効になっています。

◆NTP サーバの設定

時刻同期元の NTP サーバの設定は以下のコマンドで行います。

NTP サーバの設定
  • ntp-service unicast-server <サーバアドレス> [version <1-4>]
    • version はオプション。デフォルトは version 3

設定例:

[Huawei]ntp-service unicast-server 192.168.1.200

ソースインターフェースの設定

オプションで NTP のソースインターフェースを指定できます。

NTP ソースインターフェースの設定
  • ntp-service source-interface <IF名>

設定例:

[Huawei]ntp-service source-interface Vlanif1

デフォルトではルーティング時の発信インターフェースがソースになります。

NTP 関連の確認コマンド

  • display ntp-service status
    • NTP ステータスを表示
[Huawei]display ntp-service status
 clock status: synchronized
 clock stratum: 9
 reference clock ID: 192.168.1.200
 nominal frequency: 100.0000 Hz
 actual frequency: 100.0000 Hz
 clock precision: 2^16
 clock offset: 18.4026 ms
 root delay: 0.02 ms
 root dispersion: 5.54 ms
 peer dispersion: 0.24 ms
 reference time: 10:06:36.487 UTC Jul 27 2023(E86CC02C.7CB8CFBF)
  • display ntp-service sessions
    • NTP セッション情報を表示
[Huawei]display ntp-service sessions 
 clock source: 192.168.1.200 
 clock stratum: 8 
 clock status:configured, master, sane, valid
 reference clock ID: LOCAL(1)
 reach: 377 
 poll: 64 
 now: 40 
 offset: 8.9999 ms 
 delay: -0.02 ms 
 disper: 3.85 ms 
  • display ntp-service trace
    • ローカルデバイスから基準クロックソースまでのパスを表示
[Huawei]display ntp-service trace
 server 127.0.0.1, stratum 9, offset 0.000183, synch distance 0.00775
 server 192.168.1.200, stratum 8, offset -0.001902, synch distance 0.00044
 refid 127.127.1.1

参考資料

https://support.huawei.com/enterprise/en/doc/EDOC1100271780/ac77ce58/first-login-commands
https://support.huawei.com/enterprise/en/doc/EDOC1100271759/b4325046/ntp-configuration

タイトルとURLをコピーしました