インフラサーバ

Ansible:Reboot 後も処理を継続する方法(Ansible 2.9.6)

作業環境 CentOS 8.0Python 3.7.7Ansible 2.9.6 Ansible における Reboot について Ansible で設定変更操作を行った後、設定反映させるために再起動(Reboot)を実...
インフラサーバ

Ansible:firewalldモジュールについて(Ansible 2.9.6)

firewalld モジュールについて firewalld モジュールを使用することで firewalld に関して以下のような操作ができます。 指定ゾーンへのサービスの追加/削除指定ゾーンへのポートの追加/削除指定ゾーンへの...
インフラサーバ

Ansible:fileモジュールについて(Ansible 2.9.6)

file モジュールについて file モジュールを使用することで管理対象機器について以下のような操作ができます。 指定したファイル/ディレクトリのパーミッションの変更空ファイルの作成ディレクトリの新規作成ハードリンク/シンボ...
インフラサーバ

Ansible:commandモジュールについて(Ansible 2.9.6)

Ansible でのコマンド実行について Ansible においてコマンドを実行するためのモジュールとしては、主に command モジュールと shell モジュールがあります。 ■ command モジュールの特徴 ...
インフラサーバ

Ansible:with_itemsについて(Ansible 2.9.6)

作業環境 CentOS 8.0Python 3.7.7Ansible 2.9.6 同じ処理内容の繰り返し 一部入力パラメータが異なるが他の内容は同様の処理を繰り返し実行したい場合があります。 単純な記法 例え...
インフラサーバ

Ansible でサーバ構築するための情報まとめ

Ansible 記事のまとめです。 Ansible 概要とインストール手順 Ansibleのインストール手順(CentOS 8) Ansible 2.9 から 2.10 へ移行時の考慮点まとめ ...
インフラサーバ

Ansible:lineinfileモジュールについて(Ansible 2.9.6)

lineinfile モジュールについて lineinfile モジュールを使用することで管理対象機器側のファイルについて以下のような操作ができます。 指定した内容の行を指定した位置に追加指定した内容の行の削除正規表現での行の...
インフラサーバ

Ansible:templateモジュールについて(Ansible 2.9.6)

template モジュールについて template モジュールを使用することで、Ansible マシンのローカルに存在するテンプレートファイルを管理対象機器側へ転送することができます。 テンプレートファイル内では変数を使用...
インフラサーバ

Ansible:変数について(Ansible 2.9.6)

Ansible では Playbook 内やテンプレートファイル内で変数を使用することができます。 変数を使用することで、管理対象機器別にパラメータを変更できたり、Playbook の再利用がしやすくなったりします。 変数の使...
インフラサーバ

Ansible:copyモジュールについて(Ansible 2.9.6)

copy モジュールについて copy モジュールを使用することで、Ansible マシンのローカルに存在するファイルやディレクトリを管理対象機器側へ転送することができます。 主なパラメータ パラメータ必須選択肢/デフォ...
インフラサーバ

Ansible:serviceモジュールについて(Ansible 2.9.6)

service モジュールについて service モジュールを使用することで、管理対象機器に対して以下のような操作を実施できます。 サービスの start/stop/restart/reloadサービスの enable 化...
インフラサーバ

Ansible:yumモジュールについて(Ansible 2.9.6)

yum モジュールについて yum モジュールを使用することで、管理対象機器に対して以下のような操作を実施できます。 パッケージのインストール/アンインストールパッケージのアップデート 主なパラメータ パラメータ...
タイトルとURLをコピーしました