【RHEL 7】High Availability アドオンによるクラスタ構築手順

インフラサーバ
スポンサーリンク

ここでは Red Hat Enterprise Linux 7 における HA アドオンを使用したクラスタ構築について、ソフトウェアのインストールからクラスタ作成までに関する内容を記載します。
※フェンス機能の設定についてはこちらの記事、リソースの設定についてはこちらの記事に記載

High Availability アドオン概要

High Availability アドオンの概要 Red Hat Enterprise Linux 7 | Red Hat Customer Portal
Red Hat High Availability Add-Onの概要では、Red Hat Enterprise Linux 7 の High Availability Add-On の概要について説明します。 Red Hat High Availability クラスターのデ...

前提

以下の 2 ノードでクラスタを構成することとします。

  • ノード1
    • OS:Red Hat Enterprise Linux 7.3
    • ホスト名:ha01
    • IP アドレス:192.168.139.133
  • ノード2
    • OS:Red Hat Enterprise Linux 7.3
    • ホスト名:ha02
    • IP アドレス:192.168.139.134

クラスタソフトウェアのインストール

以下、各ノードの root ユーザで作業

HA リポジトリの有効化

■参考ページ

RHEL 7 High Availability Add-on - Red Hat Customer Portal
Access Red Hat’s knowledge, guidance, and support through your subscription.

以下コマンドで HA リポジトリを有効化する。

subscription-manager repos --enable=rhel-ha-for-rhel-7-server-rpms

HA 用パッケージインストール

■参考ページ

1.2. Pacemaker 設定ツールのインストール Red Hat Enterprise Linux 7 | Red Hat Customer Portal
Access Red Hat’s knowledge, guidance, and support through your subscription.

フェンスエージェントについてはここでは全てをインストールすることとします。

yum install -y pcs pacemaker fence-agents-all

■ pcs のバージョンを表示

pcs --version

hacluster ユーザのパスワード設定

各ノードの root ユーザで作業

pcs パッケージをインストールすると自動で作成される hacluster ユーザのパスワードを設定。

passwd hacluster

※クラスタ内の全ノードで共通のパスワードにすることが推奨されている

firewalld 設定

■参考ページ

1.3. ファイアウォールでクラスターコンポーネントを許可する iptables 設定 Red Hat Enterprise Linux 7 | Red Hat Customer Portal
Access Red Hat’s knowledge, guidance, and support through your subscription.

各ノードの root ユーザで作業

firewalld が有効になっている場合に設定。

firewall-cmd --permanent --add-service=high-availability
firewall-cmd --add-service=high-availability

クラスタの作成

■参考ページ

第4章 クラスターの作成と管理 Red Hat Enterprise Linux 7 | Red Hat Customer Portal
Access Red Hat’s knowledge, guidance, and support through your subscription.

pcsd デーモンの起動および自動起動設定

各ノードの root ユーザで作業

systemctl start pcsd.service
systemctl enable pcsd.service

クラスタ内のノードの認証

クラスタ内のどれか 1 つのノードの root または hacluster ユーザで作業

例としてノード ha01 で以下作業を行う。

クラスタノードのホスト名が ha01 と ha02 の場合のコマンド。
※各ノードの hosts ファイルに各ノードのレコードが登録されている前提

pcs cluster auth ha01 ha02

ユーザ名とパスワードは hacluster ユーザのものを使用する。

# pcs cluster auth ha01 ha02
Username: hacluster
Password:
ha01: Authorized
ha02: Authorized

クラスタ作成

クラスタ内のどれか 1 つのノードの root または hacluster ユーザで作業

例としてノード ha01 で以下作業を行う。

pcs cluster setup --start --name my_cluster ha01 ha02

上のコマンドによって以下 3 点が実行される。

  • ha01 と ha02 の 2 ノードで構成されるクラスタ my_cluster が作成される
  • クラスター設定ファイルがクラスタ内の全ノードに伝搬される
  • --start オプションを使用することでクラスタ内の全ノードでクラスタサービスが起動される

■実行例

# pcs cluster setup --start --name my_cluster ha01 ha02
Destroying cluster on nodes: ha01, ha02...
ha01: Stopping Cluster (pacemaker)...
ha02: Stopping Cluster (pacemaker)...
ha01: Successfully destroyed cluster
ha02: Successfully destroyed cluster

Sending 'pacemaker_remote authkey' to 'ha01', 'ha02'
ha02: successful distribution of the file 'pacemaker_remote authkey'
ha01: successful distribution of the file 'pacemaker_remote authkey'
Sending cluster config files to the nodes...
ha01: Succeeded
ha02: Succeeded

Starting cluster on nodes: ha01, ha02...
ha01: Starting Cluster (corosync)...
ha02: Starting Cluster (corosync)...
ha01: Starting Cluster (pacemaker)...
ha02: Starting Cluster (pacemaker)...

Synchronizing pcsd certificates on nodes ha01, ha02...
ha01: Success
ha02: Success
Restarting pcsd on the nodes in order to reload the certificates...
ha01: Success
ha02: Success

クラスタの起動

クラスタ内のどれか 1 つのノードの root または hacluster ユーザで作業

例としてノード ha01 で以下作業を行う。

以下コマンドで、クラスタ内のすべてのノードについてクラスタサービスが起動される。

pcs cluster start --all

■実行例

# pcs cluster start --all
ha01: Starting Cluster (corosync)...
ha02: Starting Cluster (corosync)...
ha01: Starting Cluster (pacemaker)...
ha02: Starting Cluster (pacemaker)...

クラスタサービスの有効化

■参考ページ

4.4. クラスターノードの管理 Red Hat Enterprise Linux 7 | Red Hat Customer Portal
Access Red Hat’s knowledge, guidance, and support through your subscription.

クラスタ内のどれか 1 つのノードの root または hacluster ユーザで作業

例としてノード ha01 で以下作業を行う。

以下コマンドで、クラスタ内のすべてのノードについて起動時に自動でクラスタサービスが実行されるようになる。

pcs cluster enable --all

■実行例

# pcs cluster enable --all
ha01: Cluster Enabled
ha02: Cluster Enabled

クラスタ関連コマンド

クラスタとクラスタリソースの状態を表示

pcs status

クラスタ状態のみ表示

pcs cluster status

クラスタリソース状態のみ表示

pcs status resources

クラスタの削除

pcs cluster destroy  [--all] [node] [...] 

クラスタノードの操作

pcs cluster start [--all] [node] [...]      #クラスタサービスの起動
pcs cluster stop [--all] [node] [...]       #クラスタサービスの停止
pcs cluster enable [--all] [node] [...]     #クラスタサービスを自動起動させる
pcs cluster disable [--all] [node] [...]    #クラスタサービスを自動起動させない
pcs cluster standby [--all] [node] [...]    #スタンバイモードにする
pcs cluster unstandby [--all] [node] [...]  #スタンバイモードから復旧させる

PCSD WEB UI の利用

■参考ページ

第2章 pcsd Web UI Red Hat Enterprise Linux 7 | Red Hat Customer Portal
Access Red Hat’s knowledge, guidance, and support through your subscription.

WEB UI でクラスタを管理することができます。

上で記載している手順の「クラスタ内のノードの認証」まで完了後に、ブラウザで以下 URL にアクセスします。

https://nodename:2224

nodename の部分はクラスタ内の任意のノードの IP アドレスとします。

例えば対象ノードの IP アドレスが 192.168.139.133 の場合は

  • https://192.168.139.133:2224

にアクセスします。

以下の画面になるため hacluster ユーザのユーザ情報でログインします。

以下の管理画面になります。

注意点

  • CLI 上で作成したクラスタを GUI 上に表示させるためには MANAGE CLUSETERS 画面で Add Existing を実行する必要がある
  • GUI 上でクラスタを削除(Remove)しても GUI 上から表示が消えるだけで、システム上ではクラスタは存在し続ける

参考ページ

High Availability Add-On の管理 Red Hat Enterprise Linux 7 | Red Hat Customer Portal
High Availability Add-On の管理 では、Red Hat Enterprise Linux 7 向けに High Availability Add-On を使用するサンプルのクラスター設定を紹介します。
High Availability Add-On リファレンス Red Hat Enterprise Linux 7 | Red Hat Customer Portal
Red Hat High Availability Add-On リファレンスは、Red Hat Enterprise Linux 7 用の Red Hat High Availability アドオンのインストール、設定、および管理に関する参考情報を提供します。

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました