【RHEL 7】スタティックルートの設定

インフラサーバ

作業環境

  • Red Hat Enterprise Linux 7.3

ルーティング設定

ルーティングテーブルを表示

  • ip route
# ip route
default via 192.168.139.2 dev ens33  proto static  metric 100
default via 10.1.10.1 dev ens38  proto static  metric 101
10.1.10.0/24 dev ens38  proto kernel  scope link  src 10.1.10.111  metric 100
192.168.139.0/24 dev ens33  proto kernel  scope link  src 192.168.139.136  metric 100

スタティックルートの設定

■スタティックルート追加

  • ip route add dst_address[/prefix] via nexthop [dev interface]
# ip route add 8.8.8.8 via 10.1.10.1
# ip route
default via 10.1.10.1 dev ens38  proto static  metric 100
8.8.8.8 via 10.1.10.1 dev ens38
10.1.10.0/24 dev ens38  proto kernel  scope link  src 10.1.10.111  metric 100
192.168.139.0/24 dev ens33  proto kernel  scope link  src 192.168.139.136  metric 100

■スタティックルート削除

  • ip route del dst_address[/prefix]
# ip route del 8.8.8.8
# ip route
default via 10.1.10.1 dev ens38  proto static  metric 100
10.1.10.0/24 dev ens38  proto kernel  scope link  src 10.1.10.111  metric 100
192.168.139.0/24 dev ens33  proto kernel  scope link  src 192.168.139.136  metric 100

デフォルトゲートウェイについて

公式ページ 4.6. デフォルトゲートウェイの設定 では以下の様な説明がある。

  1. /etc/sysconfig/network ファイルの GATEWAY ディレクティブを解析する
  2. アップ状態のインターフェースの ifcfg ファイルの GATEWAY ディレクティブを解析する
    • 数字の小さい順に解析する
  3. 最後に読み取られた GATEWAY ディレクティブがルーティングテーブルのデフォルトルートを作成するために使用される

しかし 3. がどうも実際の動作と違うような気がする。以下の点に注意すれば良いと思われます。

  • /etc/sysconfig/network ファイルは触らない
  • インターフェースのコネクション設定でデフォルトゲートウェイを設定する
  • デフォルトゲートウェイとして使用しないインターフェース (コネクション) については ipv4.never-default yes と設定する

コネクションの設定

■デフォルトゲートウェイの設定

  • nmcli connection modify 'Connection名' ipv4.gateway x.x.x.x

■デフォルトゲートウェイとして使用する設定

  • nmcli connection modify 'Connection名' ipv4.never-default no

■デフォルトゲートウェイとして使用しない設定

  • nmcli connection modify 'Connection名' ipv4.never-default yes

上の設定をすることで、当該デバイス(コネクション)を送出インターフェースとするデフォルトゲートウェイがルーティングテーブルに追加されなくなる。

コネクション設定の詳細については以下ページ参照。

参考資料

4.4. ip コマンドでの静的ルートの設定 Red Hat Enterprise Linux 7 | Red Hat Customer Portal
The Red Hat Customer Portal delivers the knowledge, expertise, and guidance available through your Red Hat subscription.

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました