【RHEL 7】TCP Wrapper によるアクセス制御設定について

インフラサーバ

作業環境

  • Red Hat Enterprise Linux 7.3

Red Hat におけるアクセス制御機能について

Red Hat Enterprise Linux では、以下の3つのアクセス制御機能があります。

  • Firewall
  • TCP Wrapper
  • xinetd

アクセス制御の適用順は以下画像の通りで、TCP Wrapper については Firewall が適用された後の通信について制御を行います。

TCP Wrapper での制御対象

  • TCP Wrapper が制御対象とするサービスは「TCP でラップしたサービス
  • TCP でラップしたサービス」とは、libwrap.so ライブラリにリンクされたもの
  • libwrap.so ライブラリにリンクされているかどうかを確認するためには以下コマンドを実行する
    • ldd binary-name | grep libwrap
      • binary-name の部分をネットワークサービスのバイナリの名前で置き換えて実行する
    • sshd サービスについて確認する場合は以下の通り
# ldd /usr/sbin/sshd | grep libwrap
        libwrap.so.0 => /lib64/libwrap.so.0 (0x00007f45f52ea000)
  • libwrap.so ライブラリにリンクされている場合は上のように出力があり、リンクされていない場合は何も出力されない

TCP Wrapper のパッケージ

TCP Wrapper のパッケージは以下の2つ。

  • tcp_wrappers
  • tcp_wrappers-libs

Red Hat Enterprise Linux 7 ではデフォルトでインストールされています。

インストールされていない場合、インストールコマンドは以下の通りです。

yum -y install tcp_wrappers tcp_wrappers-libs

TCP Wrapper の設定ファイルと処理順序

TCP Wrapper の設定ファイルは以下の2つ。

  • /etc/hosts.allow
  • /etc/hosts.deny

TCP Wrapper の処理順序は以下の通りです。

  1. /etc/hosts.allow を参照し、制御対象の通信にマッチするルールが存在する場合は対象サービスへのアクセスを許可し、存在しない場合は次のステップに進む
  2. /etc/hosts.deny を参照し、制御対象の通信にマッチするルールが存在する場合はアクセスを拒否し、存在しない場合は対象サービスへのアクセスを許可する

設定ファイルの記載方法

各設定ファイルの記載フォーマットは以下の通りです。

  • <daemon list> : <client list> [<option>]
    • <daemon list> の部分では、対象プロセス名(サービス名ではない)のリストをコンマ区切りで指定、または ALL(すべて) を指定
    • <client list> の部分では、対象となるホストを特定するためのホスト名、ホスト IP アドレス、特別なパターン、またはワイルドカードのリストをコンマ区切りで指定、または ALL(すべて) を指定

設定ファイル表記例

  • ALL : .example.com
    • example.com ドメイン内のすべてのホスト
  • ALL : 192.168.
    • 192.168.x.x ネットワーク内のすべてのホスト
    • 192.168.0.0/16 のようなプレフィックス表記はできないため注意
  • sshd : 192.168.0.0/255.255.254.0
    • 192.168.0.0 から 192.168.1.255 までのアドレス範囲を持つすべてのホストの ssh 接続
  • ALL : ALL
    • すべての通信

例えば、特定の通信のみ許可したい場合は以下のように設定します。

  • /etc/hosts.allow の内容
    • 許可したい通信のルールのリストを記載
  • /etc/hosts.deny の内容
    • ALL : ALL と記載(すべて拒否する)

設定変更の反映

/etc/hosts.allow および /etc/hosts.deny の設定を変更すると、即座に反映されるため、何かを再起動したりする必要はありません。

参考資料

2.6. TCP Wrapper と xinetd Red Hat Enterprise Linux 6 | Red Hat Customer Portal
The Red Hat Customer Portal delivers the knowledge, expertise, and guidance available through your Red Hat subscription.

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました