【Tera Term】機器にログインするマクロを作成する

マクロ

Tera Term でネットワーク機器やサーバにログインするマクロについて記載します。マクロを作成しておけば、マクロファイルをダブルクリックするだけで機器にログインできます。

SSH でログインするマクロ

パスワード認証の場合

  • connect "target /ssh /auth=password /user=username /passwd=password"
    • target:接続先ホストの IP アドレスまたはホスト名(名前解決できること)を指定
    • username:ログインユーザ名を指定
    • password:ログインパスワードを指定
    • connect から後ろの部分はまとめて " " または ' 'で囲う必要がある

公開鍵認証の場合

  • connect "target /ssh /auth=publickey /user=username /passwd=password /keyfile=filename"
    • target:接続先ホストの IP アドレスまたはホスト名(名前解決できること)を指定
    • username:ログインユーザ名を指定
    • password:鍵解読用のパスフレーズを指定
    • filename:秘密鍵ファイルの絶対パスを指定
    • connect から後ろの部分はまとめて " " または ' 'で囲う必要がある

タイムアウト時間を指定する

タイムアウト時間を指定する場合は /timeoute=time を追加します。

  • connect "target /ssh /auth=password /user=username /passwd=password /timeoute=time"
    • time:タイムアウト時間を秒単位で指定

マクロ例

  • 接続先:192.168.139.133
  • SSH 認証方式:パスワード認証
  • ログインユーザ名:root
  • ログインパスワード:root
connect "192.168.139.133 /ssh /auth=password /user=root /passwd=root"

Telnet で接続するマクロ

  • connect "target:23 /nossh /T=1"
    • target:接続先ホストの IP アドレスまたはホスト名(名前解決できること)を指定

※ログイン情報は機器へ接続後に CLI で入力する

COMポート接続するマクロ

  • connect "/C=x"
    • x:COMポート番号を指定

備考

Tera Term マクロファイルの拡張子について

  • Tera Term マクロファイルの拡張子は「.ttl
  • Tera Term マクロファイルを作成する際は、ファイルの拡張子を「.ttl」にする

マクロファイルをダブルクリックで実行できるようにする

Tera Term マクロファイルをダブルクリックなどで実行できるようにするためには、「.ttl」ファイルを実行する際の既定のプログラムを、Tera Term インストールフォルダ内の ttpmacro.exe と設定します。

  • \teraterm\ttpmacro.exe

Windows 10 の場合であれば、.ttl ファイルを右クリックし、[プログラムから開く] → [別のプログラムを選択] を選択し、[常にこのアプリを使って .ttl ファイルを開く] にチェックを入れた上で ttpmacro.exe を指定します。

参考資料

connect

―――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました