Windows Server 2016 で NIC チーミングを設定する方法

インフラサーバ

作業環境

  • Windows Server 2016 Standard

NIC チーミングの作成方法

サーバーマネージャーのローカルサーバー画面にて、プロパティ欄の中の [NIC チーミング] 項目の [無効] をクリックします。

以下の NIC チーミング設定画面が表示されます。チーム欄の [タスク] をクリックし、さらに [チームの新規作成] をクリックします。

以下のチームの新規作成画面が表示されます。各項目を設定します。

  • チーム名
    • 作成するチームの表示名を指定します
  • メンバーアダプター
    • チームに含めるネットワークアダプターを指定します
  • チーミングモード
    • 静的チーミング
      • サーバ、対向スイッチ間の送受信時に負荷分散を行う
      • 静的なリンクアグリゲーションに相当する
    • スイッチに依存しない
      • サーバから対向物理スイッチに送信時のみ負荷分散を行う
      • スタンバイアダプターの設定が可能(アクティブ・スタンバイ構成が可能)
      • 対向スイッチのリンクアグリゲーション設定は不要
    • LACP
      • LACP を使用した動的なリンクアグリゲーションに相当
  • 負荷分散モード
    • アドレスのハッシュ
      • 発信元および宛先の TCP ポート、および発信元と宛先の IP アドレスに基づいて送出インターフェースが決定される
    • Hyper-V ポート
      • 仮想 NIC 別に送出インターフェースが決定される
    • 動的
      • [アドレスのハッシュ] モードの方式をベースに、チーム内の各インターフェース負荷状況に基づいて動的に負荷分散される
  • スタンバイアダプター
    • なし、またはスタンバイアダプターとして機能する NIC チーム内の特定のネットワークアダプターを選択
  • プライマリチームインターフェイス
    • VLAN を設定する場合は設定します

各項目を設定できたら [OK] をクリックします。

以下の画面に戻るため、チーム欄およびアダプターとインターフェイス欄に作成したチームが表示され、アクティブ表示となっていることを確認します。エラー表示となっている場合は、NIC チーミング画面を一度閉じてから再度開いてみてください。

サーバーマネージャーのローカルサーバー画面で、画面上部の更新ボタンをクリックして表示を更新します。更新後、NIC チーミングが有効になり、チームインターフェースが表示されていることを確認します。

コントロールパネルの NIC 一覧画面に作成したチームインターフェースが表示されていることを確認します。

以上です。

NIC チーミングの削除方法

サーバーマネージャーのローカルサーバー画面にて、プロパティ欄の中の [NIC チーミング] 項目の [有効] をクリックします。

以下画面ではチーム欄で削除したいチームをクリックして選択した上で [タスク] をクリックし、さらに [削除] をクリックします。

以下の確認画面では [チームの削除] をクリックします。

NIC チーミング画面のチーム欄から表示が消えたことを確認します。

サーバーマネージャーのローカルサーバー画面で画面上部の更新ボタンをクリックして表示を更新します。更新後、NIC チーミングが無効になり、NIC リストからチームが消えてそのメンバーだった NIC が表示されていることを確認します。

以上です。

参考資料

NIC チーミングの設定
このトピックでは、チーミングおよび負荷分散モードなど、NIC チームのプロパティの概要について説明します。 また、スタンバイアダプターの設定とプライマリチームインターフェイスのプロパティについても詳しく説明します。 NIC チームに少なくとも2つのネットワークアダプターがある場合は、フォールトトレランスのためにスタンバ...
Windows 2016/2019チーミング設定とスイッチ側リンクアグリゲーション設定の組合せについて
Windowsのチーミング設定とスイッチのリンクアグリゲーション設定Windows サーバではスイッチでの Link Aggregation に相当する機能のことを ”Teaming (チーミング)“ と呼びます。Link Aggregat

https://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/technical/construct/pdf/win2016-2012r2-lbfo-guide.pdf

タイトルとURLをコピーしました